漆芸教室(金継ぎ・蒔絵・拭き漆など)のメイン画像

楽しみまくって漆の概念を超えましょう‼

本格派のあなたに!

金継ぎ
本漆にて接着剤を作り、貼り合わせる所から始まり、基本的に全て本漆を使用して古えから現代までのプロの技法をそのまま伝授いたします。
ヒビ、欠けから無くしたパーツを作り込むまで全てを伝授!

趣味として本格的にやってみたい方、副職として趣味と実益を兼ねてやってみたい方。
真剣にお教えいたします。

蒔絵
漆芸の中でも数多くの工程と技法に溢れた加飾である蒔絵。
全て本漆でお教え致します!
自分で描いた図を蒔絵として表したい方、様々な技法で自分を表現してみたい方、小物などを自分のセンスで造ってみたい方、お知りになりたい事全てにお応え致します。

私の開催する教室では、来られる方がやってみたいと思われる事を中心に漆芸の技法をお伝えいたします。
道具もプロが駆使するモノをそのまま使い、お伝えしています。

カルチャーというよりはいささか本格的な教室です。

技術、技法は少しでも時間が空くとまた元に戻ってしまいがちなものです。
出来るだけ休まず、学校で学ぶような想いで通っていただけると幸いです。

とは言いましても、我々が修行してきた弟子時代を経験していただくものではありません。

あくまでも「漆」を身近に感じて、楽しく技術・技法を身につけていただきたく開催しております。
この教室に来られ、現在個展を開催出来るまでになられた方、プロとして工房を立ち上げられた方、また他の物創りから漆とコラボさせた作品を造られている方などがおられます。


ガチの漆を是非とも体験して、その世界に遊び、楽しく活躍していただきたい!
そんな想いで皆様にお伝えしております。

老若男女問わず皆様のご連絡お待ち申し上げております!
列車で来られる方、最寄りの駅までの送迎を致します。

【尚、副業としてみたいとお思いの方。
技術仕事なので、どうしても向き不向きがあります。
申し訳ありませんが、それはこちらで判断してお伝え致しますので、その由ご了承くださいますようお願い申し上げます。
自分なりに作品を造り、楽しんだり又は発表したい方、趣味として楽しみたい方はその限りではありません。】


教室案内

教室名 漆芸教室(金継ぎ・蒔絵・拭き漆など)
電話番号 08061175904
住所 滋賀県彦根市薩摩町1391-2
受講形式マンツーマンに近い少人数制となります。
一日4人限定(一回につき)
持ち物汚れてもよい服装で来て下さい。
受講時にはその日のおさらいもしますのでノート・筆記具が必要です。


※漆芸に必要な諸道具を揃えますので、それを購入していただき各自保管して受講時に持ってきていただきます。
開講時期月2回第一週・第三週の火曜日~日曜日のいずれかの曜日。午後1時から約2時間~3時間。

例えば火曜日を自分の受講日とされた場合、そこからずっと第一週・第三週の火曜日があなたの受講日となります。
講師/補助スタッフ1 人
受講料・コース月謝
月2回¥15000
月初の受講日に徴収致します。

月2回の受講のうち1回をお休みされても返金は致しません。
また、ひと月の受講を2回ともお休みされる場合でも¥7500を徴収致します。

持ち物のコーナー内の※印
最初の受講日に漆芸諸道具を購入していただきますので、お月謝の他に約¥10000の費用が別途必要となります。
漆芸諸道具の内容、価格などお知りになりたい方には、お問い合わせの際にお伝え致します。
駐車場
列車で来られる方、最寄りの駅までの送迎あり。詳しくはお問い合わせの際にお伝え致します。
漆URUSHI・麗しい古の先人達は、割れた器や欠けた器、また壊れてしまった道具にまで愛着を示していました。
そしてそのモノ達を再び修理して使うという事を繰り返しておりました。
長い年月を経た道具などには神や精霊(霊魂)などが宿るとさえ考えられ、本当に大切に扱っていたと聞きます。
さて、その当時に使われていた接着剤の代表のひとつが漆でありました。
やがて漆は漆器だけではなく、陶器や磁器などの修復にも頭角を現し、茶道の茶碗の銘品の割れ欠けをひとつの景色へとかえていきます。

金銀粉などの金属粉を蒔く事で絵を表現するためにその名が付いた「蒔絵」
日本独自の工芸文化であり、やがてそれは「漆」を芸術の高見へと導きました。
近年では古典にとらわれることなく、イラスト的な蒔絵の表現も多数あり、楽しさは幅を広げています。

「漆」の語源は「うるわしい」と同じであると言われています。


さてさて、うるわしい漆と向き合いながら、先人たちの生きたゆったりとした世界に遊んでみませんか?
昨日までとは違う自分に逢えるかもしれません。



※教室では本漆を使用するため、人によってカブレが起こる場合があります。
 詳細はお問い合わせください。

講師紹介

        漆芸家・蒔絵師

坂根龍我(RYUGA・SAKANE)

     京都府伝統産業技術コンクール
        第20回 奨励賞
        第21回 佳賞
        第23回 入選
        第25回 奨励賞
        第26回 入選
        第27回 佳賞

      第23回京漆器展 理事長賞

    裏千家茶道美術ビエンナーレ 入賞

       広島ナイト灯り展 入賞 

         他受賞歴多数


      京都丸紅~漆芸展~ 開催

  水戸京成デパート~漆風(しっぷう)展~ 開催

京都 ギャラリー「遊空間ROJI」漆芸・日本画二人展
       ~百逢(ももえ)~ 開催

滋賀県  ギャラリー・オリヴィエ 個展2回 開催


 滋賀県庁依頼にて天皇陛下ご献上作品を手掛ける


各地で個展を開催、現在後進の育成と共に漆の可能性を追求し発表し続けている。

漆芸教室(金継ぎ・蒔絵・拭き漆など)の講師紹介

受付時間

月曜日・火曜日・金曜日・土曜日 午前11時~午後6時
お気軽にお問い合わせください!